総量規制外のカードローンに関して

総量規制とは、個人利用者の年収の三分の一以上の融資を禁じる規制のことで、改正貸金業法で定められています。 対象となるのは、消費者金融、信販会社などの貸金業者です。

総量規制対象外となるカードローンは、それ以外のカードローンですが、特に銀行のカードローンが総量規制の対象外となることで有名です。 総量規制外のカードローンを探している人は、銀行のカードローンを選べば良いということになりますが、どこでも借りれるというわけではないですし、審査が甘いというわけでもありません。 やはり、自分のニーズに合ったカードローンの審査に申し込むことが、大事です。

また、銀行でありながら、最短だと即日融資に対応しているところもあります。すぐにお金を借りたいという人には、即日融資を行なっている所がお勧めになります。

借金が複数ある場合は?⇒おまとめローン審査通りやすい

属性を点数化する審査方法

昔のキャッシングでは審査を手作業で行っていたということもあって審査に時間がかかっておりましたし、担当者の主観も多少入ってしまうために、完全に公平な審査とは言えないものだったと考えられます。

しかし、最近のキャッシングの与信に関わる審査においては属性を点数化することで信用度を図るという属性スコアリングシステムが活用されるようになっており最短で30分で審査結果を出すことも可能になっております。

スコアリングに利用される項目としては、年齢や居住形態、居住年数、さらには勤め先、年収など、非常に多岐にわたった項目が審査の対象となり、それらの属性情報を点数化することによって、キャッシング申し込みをされた方の信用度を算出する仕組みとなっております。

与信とは?

キャッシングの審査に関し、今回は「与信」について、触れてみたいと思います。

金融業界では、与信という金融用語があります。この言葉は、文字通り相手の人に信用を与えるということで、カードローンやキャッシングでお金を貸す時に、申込者を信用しますということになります。

信用を与えるということは、申込者の希望する金額を貸しても、その人には返済するだけの能力があることを、信用しましょうというのが、与信です。 キャッシングの申し込みで、その借り入れ希望金額を認める事が初期与信で、これをスクリー二ングと言います。

初期与信では、申込者に利用限度額を決定しますが、その金額は金融会社により異なります。 これは金融機関によって、信用度の決め方の基準が異なるからです。従って、申込者の希望金額が多い時には、初期与信が認められないこともあります。

例えば、年収が300万円の人は100万円まで、キャッシング申し込みが可能です。 100万円の希望額で申し込むと、それでは返済が無理ではないかと判断され、初期与信の限度額は減額されるか、場合によっては審査に通らないことがあります。

PAGETOP
Copyright © カードローン比較ラボ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.